190104_01
加齢と共に集中力が続かなくなり映像DVDはモチロンの事、CD1枚もキツクなったのですが年末年始は溜りに溜まったヤツをここぞとばかりに聴きまくっておりました。昔々にこの世界に足を踏み入れたころは「スタジアムの外を通りかかったら漏れ聞こえるピンク・フロイド」やら「何がアウトテイクだっ、BBCじゃないかのビートルズ」やらに散々騙されてきたものです。それがまぁ何と云う事でしょう!。2018年12月に発売されたポール爺さんの日本公演の【Original IN-EAR Monitor Recordingなるシリーズ(?)】がエット驚く仕上がりになっていました。最初に登場したのが2018.10.30の東京ドーム・サウンドチェックだったようで、これからして驚きの音源です。
190104_02
Ear-Monitor音源ってのはバンドメンバーやPA卓間を飛びかっている無線を傍受したライブ感に乏しい音源の事です。Pt↑)某メーカーの2006年のStonesが最初くらいでしょうか。この時代はかなり貧相な音で正直まともに聴いた記憶がありません。時代は過ぎて2018年、隠密録音はここまで来てしまったようです。特にこのシリーズに「両国国技館」は、正直「これマズイでしょう」のレベルです。