190215_02
上野公園の東京都美術館で(31.4.7迄)開催中の『奇想の系譜展・江戸絵画ミラクルワールド』に行ってまいりました。このところ”是非見たい”と思っている作品展は見逃すということが多く、今回は早い時期にという感じです。この作品展は1970年代に刊行された辻惟雄氏の「奇想の系譜」で紹介されている伊藤若冲、歌川国芳、岩佐又兵衛、狩野山雪、曽我蕭白、長沢芦雪、白隠慧鶴、鈴木其一らの重要文化財を含む作品が展示されています。いずれ劣らず個性的な作品で、西洋絵画にはない想像力や表現は感動もので、作品展自体も大混雑ではないにしても大層な人気のようです。
Pt↓)は会場内限定販売の分厚い図録です。作品の細部までが収録され”買って良かった”の内容です。
190215_01