190305_01
台東区下谷2丁目の「小野照崎神社」です。フーテンの寅こと渥美清氏が「仕事が順調になるなら、好きなものを断つ」で禁煙に挑戦(!)結果「寅さんシリーズ」の大ヒットとのエピソードで知られていました。ご祀神は『小野篁』と『菅原道真』が祀られ「学問・芸能」の神様として有名な神社です。元は上野寛永寺敷地内に創建され、江戸寛永年間に現社地に移ってきています。さほど広くはない神域には多くの境内末社や重要有形民俗文化財の下谷・富士塚(下谷坂本富士)があり、風雪に耐えた神使の動物たちが神域を守っています。
190305_02
鳥居を入ると左にには三峰・御嶽神社には神使の狼がいます。埼玉県秩父を本社とする三峰神社の三峰講は山犬信仰として知られ狼が神使となっています。角が取れたお姿は”以前は狼だった”感に満ちています。
190305_03
富士浅間神社は、1828年(文政11年)創建で都内でも有数な歴史のある富士塚だそうです。塚の扉に置かれた「猿」はチョット残念な状態ですが、手を合わせている姿はこれはこれでよい雰囲気です。
190305_04
織姫神社と稲荷神社が合祀された境内末社のキツネ像は不可思議な姿をしています。この様なクネクネした姿の狐像はあまり見かけません。この小野照崎神社は東京空襲の被害を免れていたようです。ご祀神の小野篁は昼間は朝廷の官使で夜は閻魔大王のもとで裁判官補佐というとんでもないお方ですから霊力はずば抜けていたのでしょう。
190305_05190305_06190305_07