190316_01
かつて”東洋一の建物”と称された旧前田家本邸には別棟に接待所として使われた和邸があり、Pt↓)のようにスクラッチタイルの洋館と異なる和館がが繋げられています。GHQのマッカーサーはこちらに住みたかったようですが、都心からの距離があること、また屋敷廻りには旧前田藩のラスト・サムライの住まいがあり危険極まりなく断念したとの話もあります。代わりに住んだのが空軍司令長官で、ご多分に漏れず部屋の壁を白く塗りつぶしていました。所詮は歴史文化に疎いアメリカ人のやりそうなことで、被害が少なかったのがせめてもです。
190316_03
旧前田邸は前田家16代の住居&接待所として計画され、洋館部分は1階部分は接待所2階部分が住居として使用されています。女中や使用人だけでも約100名。お屋敷を囲むように前田家由加里の人達の住まいがあり、城下町的な構成だったようです。こちらの和館は洋館では日本人の接待には不向きとの考えで造られたようです。現在はちょっと寂しいのですが川の流れる日本庭園なども造られています。面白いもんで池之端の岩崎邸は洋館部分が接待所、和館部分が住居と前田邸とは逆の構成となっています。ちなみに洋館は東京都の管轄、和館は目黒区の管轄となっています。
旧前田邸近くには「日本民芸館」がありますが稀にみるお粗末な施設(入館料¥1100)なのでよほど興味に溢れた人以外にはお勧めできません(苦笑)。
190316_02190316_05190316_04