190726_01
九段の靖國神社。この『靖國』が神社名の正しい表記で『靖国通り』の表記とは異なります。つまりは靖國神社の『靖』のつくりの青の下は「月」ではなく「円」で、國は旧字を使っています。それはともかく、久々に靖國神社遊就館の零式艦上戦闘機52型を見てきました。九州・広島・愛媛・岐阜と旧軍戦闘機を見てきましたが振り出しに戻ってきた感があります。
190726_02
[2011.06]の稿でも簡単に触れていますが、この機体は旧ラバウル基地に放置されていた機体を昭和49.年に回収、傷んでしまった部品を他のヤップ島などで回収された機体の部品で補填、20年の歳月をかけて完成させたもので、復元制作者の河口湖自動車博物館より平成14年に寄贈されたものです。零戦は三菱と中島飛行機で1万機以上が造られ、この機体には三菱製である機体番号表記と三菱零戦の塗装がなされています。
190726_03
零戦には試作機の十二試艦戦・21型・22型・32型・52型等があり映画撮影用のレプリカを含めると各地に残存している機体は52型が多いようです。大刀洗の32型や河口湖の21型は貴重な零戦といえます。Pt↓)は機体番号表記と主脚部分には製造会社の検査表と取扱い要綱が貼られています。この辺りはマニアの世界に踏み込むことになるのでやめておきます。
190726_04190726_05190726_06