190807_01
新宿駅構内の「アルプス広場」に金曜の夜に松本行列車に乗るために集合したものでした。松本駅には早朝の到着で仮眠なりをして上高地や美しくない”美ヶ原”へ向かって行きました。40数年前の事です。以来「松本駅」になんの御縁もありませんでした。久しぶりの松本駅は変わったというより別の駅に変貌していました。記憶にある面影など何一つありません。よく利用した喫茶店も食堂もそこにはありません。考えてみれば半世紀の時が過ぎたのですねぇ(苦笑)。
190807_04
駅から徒歩10分程の松本城公園ではよくゴロ眠をしたものです。だいたいが早朝なので天守に入ったことはありませんでした。Ptに写る空模様はどんよりしているのは、この1時間ほど前にとんでもないゲリラ豪雨があり視界はきかない傘は開けないの状態で、ようやく雨雲が通り過ぎた時間です。お堀には「逆さ松本城」ですが、このお堀は豪雨の影響でなくやたら汚れ淀んでいます。水深は浅く土砂が堆積し国宝松本城とは思えません。
190807_02
街を歩いていると、まれにPt↑)のようなマンホール(蓋)を見かけます。最近の地方自治体ではこの様なマンホール(蓋)が見られるようになりました。多くは観光名所や特産品なので当然「松本城」と思ったのですが何故か「手まり」のデザインなのです。博物館の学芸員に訊ねたらこの「手まり」は江戸時代からの松本の物産品なんだそうです。
Pt↓)昼間が暑かったのでしょうねぇ。お城の鳩が水たまりで水浴びをしていました。
190807_07190807_05190807_06