191102_01
襟裳岬・2019秋です。風邪気味の体調が悪化し襟裳では寝込むはめとなりました。10月末なのに襟裳岬は暖かくは夜でもストーブが不要でした。襟裳岬地区ではこの数日前からエゾ鹿猟が解禁となり、宿泊ホテルにもハンターの方々が宿泊していました。日の暮れた百人浜を走っていると道路を鹿の群れが横切っていきます。衝突したら車は当然大破で命の保障もありません。聞けばこの鹿たちはハンターの危険を感じると遥か山の方から発砲が厳禁されている民家の方へ避難してくるそうです。誰に教わった訳でもなくかなりの知恵ものです。
191102_02
写真では捉えることはできませんが風速10mを超える風が吹き荒れていてカメラを構えても風で飛ばされそうです。以前にはこの上空を金さんの飛行体も飛びましたが、この岬は低気圧の通り道で午前と午後で風向きが異なります。台風の影響がまだ残っているのでしょうか、海も荒れ気味です。去年も一昨年もその前の年も岬から見る景色はなにも変わっていない様な感で時の流れが穏やかな様な気がします。
191102_11
地図で見るとほんの僅かな距離ですが、えりも本町とえりも岬では約20分/2車の距離があります。国道沿いには”北緯42°地点”の標識が造られています。カーナビを設定すると”暫く道なりです”以降は3時間以上一言もなく故障かと勘違いしてしまいます。実際、新千歳空港からえりも岬は東京~静岡の距離に相当します。
191102_03191102_04191102_05