200120_01
日比谷の映画館街には2018年の「東京ミッドタウン」がオープン以来近づく事もありませんでした。いつも間にやら「合歓の広場」だったのが「日比谷ゴジラスクェア」に名称が変わり日比谷シャンテ開業30周年記念として新しい「ゴジラ像」が設置されていました。このゴジラ像は台座を含めて約3mあり、その姿は2016年の日本版ゴジラ映画の「シン・ゴジラ」の姿をモチーフにしているそうです。ゴジラシリーズの映画は60年以上前から続いていてゴジラの姿もコミカルなものや迫力満点の姿まで多種あります。ハリウッドのトカゲは論外ですが、この「シン・ゴジラ」はいい感じです。
200120_04
ゴジラ映画の第1作は1954年のことで、第1期ゴジラシリーズが15作品。第2期シリーズが7作品。第3シリーズが5作品と「シン・ゴジラ」。さらにUSA版が3作、2020年には「ゴジラ対キング・コング」が公開予定されています。Pt↑)は写真を撮っていると警備員氏から東宝日比谷ビル内にもう1体あるとの情報を得ました。マニアには判るのでしょうが、このゴジラは1991年の「ゴジラ対キング・ギドラ」に登場した姿のようです。
200123_01
以前にも現行と異なる1995年作成のゴジラ像がありました(Pt↓)。このゴジラ像は現在は隣のTOHOシネマズ4階のロビーに移されて展示されています。ゴジラ像のプレートには山根博士の「このゴジラが最後の一匹だとは思えない」が刻まていますが、最後どころか東京ミッドタウン界隈だけでも3体のゴジラ像があります(笑)。1)1995年作成のゴジラ像です。姿は子供たちの味方時代を感じさせます。2)1991.年ゴジラはさすがの迫力です。ゴジラはこれでなくてはいけません。3)ゴジラ映画となると東宝映画の作品「日比谷ゴジラスクェア」は納得の名称です。
200120_05200120_02200123_02