200202_01
豊洲市場を訪れる観光客が圧倒的に勘違いしているのは「新鮮な魚介類が安く買える」と「旨い鮨が安く食べられる」です(笑)。残念ながら豊洲市場はディスカウント・ショップでも「道の駅」でもありません。観光客の時間帯では魚の姿を見ることさえ稀なのです(笑)。「旨い鮨を安く」など冗談を言ってはいけません。「旨い鮨は高い」ものなのです。そんなこんなの開業から一年の豊洲市場に2020.1/24にようやく観光客(一般客)がマグロや水産加工品などを購入したり食事をしたりできる施設『江戸前場下町』が開業しました。開業に至る道のりは漫画みたいな経緯があるのですが、それは別の機会にしましょう。ゆりかも「市場前駅」直結のような立地で全21店舗が出店しています。諸般の事情から3年間の限定施設となるのですが、果たして豊洲市場開業以来の大赤字の手助けになるのでしょうか?案内MAPによるとマルシェゾーン・物販棟・中庭・屋外バーベキューゾーン・レストラン棟・飲食棟となっていますが、『えどまえじょうかまち』とはなんと抜けなネーミングなのでしょう(苦笑)。
200202_02200202_03200202_04