200516_01
じつはジェフ・ベックはどうにも苦手です。聴かず嫌いという訳ではなく、ストラトの指弾きでなんでこのトーンやフレーズができるのか?どうにも完全にギブ・アップなのです。昔はよかったというと情けないのですがSony MusicからのBoxSetの時代で時計の針は止まっています(笑)。「Jeff Beck Live」辺りからは恐れ入りましたの連続です。この¥2000もしないBoxSetが2種類でCD10枚(!)。しかも音が結構良いのです(笑)。G少年御用達のCDもあるのでお得です。
200516_02
20数年前のBox Set創世記に発売された「Beckology」と称する3枚組でヤード・バーズ加入以前からBBAの未発表曲など1990年頃までの音源で構成されます。その後の活動期間の方が長くなりましたが、今のベックならこの手のBest盤の発売は絶対にOKしないでしょう(笑)。箱が箱でフェンダーのツイード・ケーズを模した箱を開けると解説書には当時のジェフ・ベックモデルのストラト。箱の内側には弦で擦れた跡までが再現されています。こうなると処分し難いものがあります。
200520_06
このオヤジは最近はコンスタントにライブ盤を発表しています。元々作曲の才能は?ですから活動の場はライブなのでしょう。ジェフ・ベックが苦手なのは、親指弾きでの絶妙なトーン、指板タッチの微妙さ、ストラトのアームの多彩さなど音色へのこだわり、どれをとってもとてもマネできません。つまりは”上手すぎて苦手”なのです(笑)。それにしても唯の気まぐれ屋なのかその手の趣味なのか、Pt↑)ライブのゲストが多彩なのですがどう聞いてもコイツがと思うお方も混じっています。