200703_01
昔から身近にいた動物の代表は「猫」だと言っても良いでしょう。身近な割には猫を所縁とする寺社は意外と少ないものです。東京では招き猫伝承の杉並・豪徳寺や浅草の今戸神社(実際は捏造された伝承ですが)や新宿区南長崎の無量寺の猫地蔵、さらには港区赤坂の美喜井井稲荷などがあります。今回の通称「猫返し神社」はエッセイ部分を除くと話の傾向としては日本橋堀留町の三光稲荷神社に似ているようです。
200703_02
正式名称は「猫返し神社」な訳はなく立川市砂川町の菅原道真でない方の「少彦名命」を祀る阿豆佐味天神社(あずさみてんじんしゃ)の「蚕影神社」で祀神は金色姫命という養蚕の神との事です。この地は江戸時代は養蚕業が盛んで蚕を喰い荒らす鼠を猫が退治するという流れで建立された神社のようです。昔の飼猫は鼠退治の為にご飯がロクに与えられず腹減り状態で必死に鼠を捕まえていたという話もあるようですが(笑)。
200703_03
近くに在住のジャズ・ピアニストの山下洋輔氏の飼い猫が行方不明となり、氏が神社にお参りすると無事に帰還。これを繰り返すこと数度の顛末をエッセイに掲載したところ一気に猫返し伝承が広まったとの事です。ということは三光稲荷社と同じです。花街のお姉さん有名ジャズ・ピアニストの違いというお話です。
200703_05
山下氏の話が広まるにつれ猫好きの人々に参拝が増えたらしく、猫のデザイン絵馬、猫の石像、猫の手水舎となかなかの充実ぶりです。通常の雄猫の縄張りは意外と広く行方不明は珍しい事ではないのですが…。この「蚕影神社」は阿豆佐味天神社の境内社です。猫云々がなければ訪れる事も無かったでしょうが、実際は阿豆佐味天神社も良い感じでした。
200703_07200703_04200703_06