200810_01
Pt↑)は天保3(1832)造られた拝殿です。入母屋造りで左右の入口扉には十二支の彫刻があり破風や欄間には見事な彫刻が施されなかなかの風格です。上野国の国府近くに造られ、時代ともに周辺環境が変わっても、江戸幕府から約400年、明治からは僅か150年、その遥か以前からこの地に鎮座していた古社なのです。
・・・・・・・・・・・
200809_05
拝殿は古社の風格ですが、後方の本殿は極彩色に改修されています。江戸慶長年間に造られた本殿の形式は「三間社流造」。伊勢神宮の神明造りから発展した形式で正面側の屋根の庇が長く伸びています。代表的な例では上賀茂・下鴨神社ですが、なんでも全国的にはこの形式が最も多いのだそうです。そうですかねぇ?
・・・・・・・・・・・・
200809_06
本殿の屋根の部分です。菊花紋章の使用は上野の国総本社(社紋は三つ鱗)ということで、この「流造」には屋根の強度確保が目的の千木や鰹木のが無いというが特徴です。
三間社流造の三間は間口が三間(柱が3本)あり、2柱神が祀られているという事になります。
・・・・・・・・・・・・
200809_13
Ptには写りませんが拝殿の彫刻はお見事で、修復なった本殿の彩色も細部まで丁寧になされています。
・・・・・・・・・・・・
200809_17
本殿の背面には松の絵が描かれています。慶長年間の造営ながら桃山時代の建築様式もみられるようです。
・・・・・・・・・・・
200809_07
拝殿横には「太々御神楽」と額を掲げた神楽殿があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・
200809_16
流石の古社だけあって総社神社には市の天然記念物の大木が6本あるそうです。確かにデカイです。
・・・・・・・・・・・・・

200809_11
本殿裏手の木製鳥居からの参拝口からは【神社は裏側が面白い】の通り總社神社の本殿裏にも三峯神社や養蚕の神「蚕影大神」や道祖神など多くの摂社が並んでいます。この稲荷社にあった「願掛けきつね」は願をかいて収めるという形式でしょうがきつねの数だけのお願い事とは多いのか少ないのか微妙です。