200826_01
川口市鳩ケ谷の「鳩ケ谷総鎮守・氷川神社」へ行こうとJR武蔵野線・東川口駅で埼玉高速鉄道へ乗換、何気にWebを見ると駅より徒歩5分に「七郷神社」なる面白そうな神社があったので寄り道をしたのですが…。土地勘あるなら徒歩5分でしょうが、なんとも表現し難い地形と案内板の1つもなくえらい目に合いました。
・・・・・・・・・・・・・・・
200826_02
県道から見通しの効かない崖の上で戸塚小学校の隣なのですが、この高低差はカーナビでも判りにくいとおもいます。閑話休題。七郷(ななさと)神社のご祀神は「素盞嗚尊 (すさのおのみこと)」。つまりは「氷川神社」です。東川口あたりは昔の見沼田圃の一画であり氷川神社があるのは不思議でもなく埼玉県南では良くあることです。神社の由緒書きにも明治40年以前は氷川神社であった旨が書かれています。
・・・・・・・・・・・・
200826_03
神社は大宮台地の南端に位置し表現の難しい地形も納得ができます。明治以前の別当寺「西光院」の消失事情により創建などは不明のようですが、神仏分離により西光院はから離れて村社となり、数社の末社合祀により現在のかたちになっています。因みに現在の末社は、三峰社、獅子社(猿田彦の神)、厳島社、疱瘡社、菅原社、稲荷社の6社です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
200826_04
元別当寺「真言宗豊山・西光院」はすぐ近くにあるのですが、お庭には「なんでまた」と思う位の仏像があります。弘法大師像は当然としても興教大師像、閻魔大王像、一葉観音像、釈尊苦行像、涅槃像、弁天堂から七福神像などなど多種多彩です。面白いのは「狐狸妖怪不許入山門」の後ろに整列する狸、狐、河童達は笑えます。正直なんのこっちゃの七郷神社より西光院の方が俄然面白いようです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
200826_05