201120_01
釜伏神社からの帰路に長瀞の「埼玉県立自然の博物館」へ寄って来ました。景勝地の石畳とは少しばかり離れていますが、紅葉の盛りでもあり観光客は多いようです。時間の関係で石畳までは行けませんが何年振りかの自然博物館です。この博物館は1921年の開館で100年の歴史があります。記憶は定かではにのですが最初は中学校の遠足だったと思います。高速道路もない時代にバスでの日帰りはかなりハードだったことでしょう。
・・・・・・・・・・・
201120_02
元々は秩父鉄道(株)の「秩父植物鉱物標本陳列所」として設立。昭和56年(1981)秩父鉄道から埼玉県へ移管されたようです。この地方「秩父古生層」はとんでもない昔は海底で数億年前の日本列島誕生の名残が見られる場所として有名です。それらに関する展示がの多くを占めていますが、地質学に興味のある方にはたまらんでしょう。
・・・・・・・・・・・
201120_03
さほど大きな博物館ではありませんが、展示内容は多岐に渡っています。玄関入ると昭和59年に深谷市の約1000万年前の地層から発見された鮫の歯の化石から復元した顎の復元模型があります。他には長瀞の自然に関する展示や猪、熊、鹿、狐、狸等々の動物や植物の展示があり1時間ほどで充分楽しめます。
・・・・・・・・・・・・・
201120_04
天井から釣りさがっているのは鮫の歯から復元した「カルカロドン メガロドン」という2500万年~400万年前に生存していた約12mの鮫の復元模型です。これらを見ても古生代には秩父地方は海でこの手の海獣がいたとは信じられません。館内にはもう一点「パレオパラドキシア」という巨大な亀のような海獣の骨格標本がありました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
201120_05
別室にも興味ある展示があります。一つは県南・旧浦和市の田島ヶ原の特別天然記念物のサクラソウの自生地。今でも無事なのでしょうか?同じく旧浦和市にあった「野田のさぎ山」。見沼田んぼに一角で数百羽の「さぎ」が飛来し営巣した国の特別天然記念物の地でした。年々住宅化が進み「さぎ」が飛来しなくなった為昭和59年(1984)に特天の指定は解除されましたが、子供の頃に見たさぎの姿は今でも記憶にあります。