旅の案内人・リターンズ

「NPO江戸東京文化研究会」のスタッフ日記です。観光案内にないような話も…

豊島区

面影橋から…(2)

190407_07
面影橋を渡り鬼子母神方面への坂道(宿坂)を歩きだすと新宿区から豊島区に変わります。ほんの数m進むと「高田氷川神社」があります。関東の人には身近な氷川神社ですが、高田氷川神社のご祀神は『素盞嗚命』とあり『奇稲田姫』を祀る下落合氷川神社が女体神社に対しこちらは男体神社であったようです。過去に大問題でもあったのでしょうか(?)鳥居下には【御神域の清浄を保つため無断写真撮影・ペットの入場・自転車等の乗入・喫煙を禁止します】の表示があります。写真撮影の礼を知らない人がいるとしても【無断撮影禁止】とは…。とんでもなく社格が高いようです。
190407_12
高田氷川神社から数歩距離に真言宗の「南蔵院」があります。このお寺はが初代・三遊亭円朝の代表作である怪談・乳房榎の舞台として知られています。「怪談・乳房榎」は絵師の菱川重信が南蔵院での龍の天井画で多忙の折に、妻のおせきが弟子といい仲になり、2人の共謀で菱川重信は殺害されてしまいます。重信の遺児の真太郎は榎の樹液を食して成長、重信の幽霊と一緒に仇を討つという話ですが、牡丹灯籠や真景累ケ淵との怪談話三大作です。
190407_08
江戸のお不動さんとなると「目黒不動」が有名ですが、この不動尊は「江戸五色不動」といわれ、江戸寛永年間の中ごろ3代将軍・家光が天海僧正の具申により江戸市内の江戸城鎮守のため目黒・目白・目赤・目青に目黄を加え「五眼不動」としたものです。真言宗・金乗院の境内にあるのが五不動のうち「目白不動」です。とはいっても元は文京区にあり昭和20年の戦火により寺が消失、この地に移って来たようです。境内には将軍のご落胤を語って江戸幕府にテロ行為を仕掛けた「油井正雪の乱」の片割れ槍の名人「丸橋忠弥」の墓があります。
190407_09190407_10190407_11

雑司ヶ谷・大鳥神社

190404_01
大塚方面からの都電荒川線が鬼子母神前に着く手前に線路沿いに見えてくるのが、雑司ヶ谷「大鳥神社」です。ご祀神は日本武命(やまとたけるのみこと)・倉稲魂命と七福神のうちの恵比寿天(蛭児大神)となっています。元は鷺明神と称し雑司ヶ谷の鎮守の鬼子母神境内にあったのが、明治維新時の神仏分離令によりこの地へ移り、鬼子母神に変わって雑司ヶ谷の鎮守となったようです。この付近は実に道が入り組んで複雑に交差したりしています。明治通り沿いにはPt↓)の「参道」と書かれたアーケードから神社までは結構な距離があります。昔は鎮守の神様として広い社地有していたのでしょうか?
190404_04
都電の車窓から見かけるだけで今回初めて訪れました。神社の由緒には面白い歴史があるようで、神仏分離令で鬼子母神境内から分かれても鎮座地を確保するのが困難で明治年間半ばまで借地であったそうです。神社が借地とはあまり聞いたことのない話ですが、珍しくなかったのかも知れません。興味深いのが拝殿前と鳥居前の狛犬です。拝殿前の狛犬は頭に角のあるタイプで、鳥居前には狛犬というより唐獅子のようでこの迫力なら魔物も退散するでしょう。
190404_05190404_02190404_03

雑司ヶ谷・鬼子母神堂

190403_01
豊島区江雑司ヶ谷の【鬼子母神堂】です。この鬼子母神堂の「鬼」の字は変換不能なのでPt↓)を参照してください。都電荒川線鬼子母神前が最寄り駅なのですが、いつまにやら都電荒川線は東京桜トラムと言う名称に変わっているのですがどうにも馴染めません。都の天然記念物の欅参道を抜けて鬼子母神堂へは徒歩3分程度です。この欅並木は昭和の初めには樹齢400年の欅が18本程度あったそうですが、現在は数本を残すのみとなっています。
190403_02
鬼子母神は安産・子育の神様として民間の信仰対象となってきました。雑司ヶ谷鬼子母神も縁起は室町時代まで遡り、現在のお堂は寛文4年(1664年)に建造で、昭和35年に都の有形文化財の指定を受け、昭和51年の大修理により復元されたものだそうです。とは云うものの、いかにも再建しましたという感じは受けません。石像や建築物の風化の具合など年月の”味”があります。
190403_03
Pt↑)は境内の「上川口屋」という店で、創業が1718年(江戸時代です)の都内最古の駄菓子屋さんです。TV番組では必ず映されますから見たことのある方も多いでしょう‥。この日は平日だったので閑散としていましたが、これは映画のセットではありません。現役で営業中です!
・鬼子母神堂の額。「鬼」文字が少し異なります。・境内社の「武芳稲荷」です。武芳稲荷の敷地に鬼子母神堂が造られたあります。・都内有数の樹齢700年とされる迫力ある大銀杏です。
190403_04190403_06190403_05

東池袋・『永久平和を願って』

170207_01
『タトヘ判決ハドウアラウトモ、ソレハ敵国トシテノ目カラ見テノコト、私ハ日本人トシテ何ラ良心ニハヅルトコロハナイ。‥(略)‥何ニシテモ敗レタモノハ弱い。~』   =元陸軍大尉の遺書より=

池袋のサンシャインシティ隣(敷地内?)の『』東池袋中央公園』、公園の片隅に『永久平和を願って』と記された碑が建立されています。碑の裏には・・『極東軍事裁判所が課した刑及び他の連合国戦争犯罪法廷が課した一部の刑がこの地で執行された』・・と記されています。この公園は第二次大戦後の「極東軍事裁判/東京裁判」により戦犯60名が処刑、18名が獄死、2名が自殺等、収監された戦犯総数が1600名が拘留された『巣鴨プリズン』の跡地です。この碑の建立をめぐって地元住民による「訴訟」は最高裁まで持ち込まれるなど紆余曲折がありました。そうした反対運動への馬鹿げた配慮なのか碑に関する説明等はありません。負の記憶はなかった事としたいようです。・元A級戦犯のキーホールダー(こんなのあるんですねぇ)が置かれています。ダブリがあるので全員ではありません。碑の後方の植込みあたりが絞首台があった場所のようです。A級戦犯=平和に対する罪。B級戦犯=通常の戦争犯罪。C級戦犯=人道に対する罪で、A>B>Cの順位ではありません。”平和に対する罪”と”人道に対する罪”は当時の国際法にはなく、この裁判の為につくられました・・。
170207_02170207_03170207_04

目白・切手の博物館

170115_01
昨今の事情は知りませんが、趣味に「切手収集」ってのがあります。昔々は記念切手販売開始日には朝から郵便局の前に並んで購入したり、デパートの記念切手売場(そういうブースがありました)や街の”なんたらスタンプ”という今のチケットショップに前身を覗いてはため息をついた方もいたはずです。JR目白駅徒歩3分程度に『切手の博物館』・・1991年、東京都登録博物館第68号・・なる博物館があり出かけてみました。こちら『切手の博物館』は総務省所管の一般財団法人が運営しています。ここらで嫌な予感がしてきたのですが・・。正直レベルが低いです!展示室内撮影は不可なので伝えにくいのですが、「時間と労力とお金をかけて収集したんだろうなぁ」という感が少しするだけで、それで終わりです。3階のスペースでの特別展なんぞは暇とお金にあかせての個人収集品が自慢げに展示してあるようで・・。超収集マニア以外は楽しめる施設ではないようです。誰の仕掛けかは知りませんが、玄関前の郵便ポストは漫画家・梅津かずおの「まことちゃん」キャラのポストです。キャラクターとしてどうかと思います(笑)。
170115_02170115_03170115_04


祥雲寺・山田浅衛門

161024_03
”首斬り浅”こと山田浅右衛門は、弾左衛門と同様に特定個人の名前ではなく8代将軍吉宗の時代の初代から明治の8代目まで続く「死刑執行担当の一族」の呼名です。2代目浅右衛門が徳川吉宗の刀の試し斬りを担当し、そこから幕府より刀剣の試し切り、公儀御様御用役(おためしごよう)の任されています。歴代当主は剣の実力や刀剣鑑定にも優れていながらも、死の穢れを伴う役目だけに旗本や御家人でもなく浪人の立場だったとはいかにも日本的な制度です。この役目は明治14年(1881)に斬首刑が廃止されるまで続くこととなっていきます。豊島区行池袋の曹同宗・祥雲寺(しょううんじ)には、7代目山田浅右衛門吉利の墓があります。7代目山田浅右衛門は、剣豪として知られた人物で橋本左内や吉田松蔭らの首を斬った人物のようです。
 =資料により「浅」だったり「朝」だったりしているのですが、こればかりは良くわかりません=
161024_04161024_05161024_06

霜降銀座商店街あたり

161022_01
JR駒込駅から旧古河庭園方向へ本郷通りを下った『霜降銀座商店街』です。内田康夫氏の小説の主人公・本業はルポラーターで何故か名探偵の「名探偵★浅見光彦の住む町」と設定されています。何人もの役者が演じ、TVドラマシリーズも放送されていました。PT↑)が本郷通り側の「霜降銀座商店街」の入口です。「し」の字が日陰で見えませんが、中央のユルキャラは「しーちゃんマーク」だそうです。商店街自体はここから約250mとさほど大きくはありませんが、これを『銀座』と言い切ってしまうのはかなり大胆ですが、雰囲気的には「下町商店街的感」に満ちています。
161022_02
JR駒込駅寄り、女子栄養大駒込キャンパス近くの「妙義神社」です。「勝負の神、縁結びの神」として信仰されているとあり、日本武尊東征の際、陣営を構えたされる豊島区最古の神社だそうです。後に太田道灌が戦勝を祈願し勝利を収めたことにより勝負の神となったようです。日本武尊&太田道灌の両者は江戸時代以前からの東京の神社縁起には度々登場してきます。残念な事に昭和20年(1945)の空襲により社殿・社務所や太田道灌奉納の剣や道灌像などは焼失しています。
161022_03
さらにJR駒込駅寄りの妙義坂に面して「駒込妙義坂子育地蔵尊」が祀られています。失礼ながら地蔵尊となるとどうしても格下で道端で素朴に佇むという感じなのですが、この地蔵尊は立派なお堂が造られています。解説文を読むと寛文8年(1668)の創建とされ戦前には70坪の境内地で節分や縁日には賑わったとあります。珍しいのはセーラー服におかっぱ頭の二人の少女の供養碑があります。昭和8年(1934)に付近で交通事故で亡くなった少女を供養する為に建てられたものです。
161022_04161022_05161022_06


大塚・天祖神社

140825_01
JR山手線・大塚駅より徒歩3分の天祖神社祖(てんそじんじゃ)です。創建は鎌倉時代末の元亨年間(1321~4)とされ、領主であった豊島氏が伊勢より「天照大御神」を迎え祀ったのが最初だとされます。創建時から明治初期までは「神明社・神明神宮」と呼ばれ、明治6年に天祖神社と社名が変わっています。社歴のある鎮守社らしく稲荷神社・厳島神社・菅原神社・三峰神社・榛名神社・熊野神社が境内社があり”いかにもの古社感”があります。大塚駅前には最近新しい商業ビルが完成、駅前の様子変わりました。元々は現山手線の一部(池袋~大塚)が明治36年に開通し、更には現都電荒川線が王子~大塚間(王子電気軌道)と大塚~上野広小路間の市電の開通と交通の便に恵まれ、駅前には白木屋出張所、天賞堂、資生堂、高島屋などの店舗があり賑わったそうです。また、昭和の30年代までは大塚には三業地が賑わい最盛期には600名超える芸妓が在籍し”花街”としても賑わっていた歴史のある街なのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
140825_02140825_03140825_04

徳川慶喜・巣鴨屋敷跡

140110_06
JR巣鴨駅を背に”おばあちゃんの原宿”と反対方向に進むと【徳川慶喜・巣鴨屋敷跡の碑】があります。徳川15代将軍徳川慶喜(1837年~1913年)が、大政奉還後、静岡での謹慎生活の後、この巣鴨の地に移り住んだのは明治30年(1897)11月、慶喜61歳のことでした。翌年3月には皇居に参内、明治35年(1902)には公爵を授けられるなど徐々に復権していく事となります。お屋敷は、白山通り(旧中山道)に面しており、庭の奥は梅林になっており、「ケイキさんの梅屋敷」と呼ばれていたそうです。実際に巣鴨に住んだのは明治34年12月までの4年間で、後に現文京区小日向に移転、そちらで亡くなっています。巣鴨邸のすぐ脇を現在のJR山手線が通ることが決まり、その騒音を嫌っての事だそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それにしても”豊島区教育委員会”。たった4年しか住まなかった=それも”屋敷跡”=歴史的価値などのでしょうかねぇ…?

140110_07140110_08140110_09

お岩さん伝承・巣鴨

140110_01140110_00都電・荒川線『新庚申塚』を下車すると「お岩通り商店会」があります。少し進んで左折、線路を超えると「妙行寺/みょうぎょうじ」。四谷怪談のヒロインお岩さんはこちらで眠っています。お岩さんは実在の人物で、四谷には「於岩稲荷田宮神社」と「陽運寺」が”向い合せ”であり、中央区新川には「於岩稲荷田宮神社」があります。これだけ縁の神社仏閣のある女性も珍しいのではないでしょうか(?)。実在のお岩さんは、貞淑な女性で夫の田宮伊右衛門とも仲が良かったそうですが、鶴屋南北の「東海道四谷怪談」により”あの”お話とされてしまいました。右の写真「由緒」が書かれた案内板があり、『異説』とも思われる記載があります。曰く”法華経の功徳により一切の因縁が取り除かれた”とは何んのことなのでしょうか…(?)
・・・・・・・・・・・・・・・・・
左)門前には「明治42年に四谷より移転したきた、お岩さまの寺、妙行寺」との石碑があります。
中)墓所はこの奥なのですが、こちらに「由緒案内」の手前が唐突なことに”寺の墓所に鳥居”があります。
右)こちらがお墓ですが…お骨は埋葬されていないようです。となると”たたり”の実態とは?
140110_02140110_03140110_04

巣鴨地蔵通り商店街

110401110402『巣鴨』と云えば「高岩寺・おばあちゃんの原宿」や「巣鴨とげぬき地蔵・高岩寺」となります。高岩寺へ向かう地蔵通り商店街の道筋は旧中山道なのですが現在の方が縁日以外でも数段賑わっているようです。イワユル高齢者向きの洋品店やいかにものお菓子屋などが立ち並ぶ様子は「おばあちゃんの原宿」とは言いえて妙です。
この近辺には意外なほど名所旧跡が点在しています。国の登録有形文化財・高岩寺を始め、染井霊園には高村光雲・光太郎・千恵子や二葉亭四迷の墓所があり、霊園のある旧染井村は日本の春を彩る桜「染井よしの」の発祥地でもあります。『日本アマチュア無線連盟』の本部なんてのもあるそうで、現在では見る影もないのですが、昭和20年代には巣鴨駅周辺には秋葉原電気街的な無線機器のパーツを売る店が多くあった事によるものらしいです。連合軍による一方的な戦争裁判により戦犯とされた方々が収容された「巣鴨プリズン」は実際は池袋で現在のサンシャインビルが建っている場所になります。明暦の大火の出火元との疑惑をもつ「本妙寺」は現在地は高岩寺から徒歩10分程です。

本妙寺…振袖火事

102501102502振袖火事とは明暦3年1月18日から20日にかけて江戸の大半を焼失した”明暦の大火”を云います。火事の原因としては…①亡くなった娘の形見の振り袖をお寺で供養の最中、突如の風によって振袖が舞い上がり、それが燃え広がって江戸中が大火となった…との伝承。②江戸の街が急激に拡張したため都市計画がメチャクチャになってしまったので、再建を目的として幕府側が放火したとの説。③本当の火元は老中・安部忠秋の屋敷で、いくらなんでもこれはマズイので本妙寺が身代わりとなった。などの説がありますが③が当たりのようです。実際は1月18日14時頃に本妙寺から出火。1月19日10時頃に小石川伝通院付近から出火。1月19日16時頃には麹町で出火と3回の出火が連続して発生しています。この大火災による被害は延焼面積・死者共に江戸時代最大で、外堀以内のほぼ全域、天守閣を含む江戸城や大名屋敷、市街地の大半を焼失してしまい、江戸城の天守閣はこれ以後再建されていません。この火事での死者は3万から10万人及ぶそうです。「明暦の大火」を蹶起として政治・経済・習慣が大きく変化していきます。江戸時代を俯瞰すると重要な事件です。

写真は豊島区巣鴨5丁目の「本妙寺」です。明暦年間には本郷丸山にあり、明暦の大火の出火元との疑いがあります。火元とされた割には再建が許され、これが”身代わり説”の根拠となっています。明治43年豊島区巣鴨五丁目の地へ移転し、現在お寺には明暦の大火で亡くなった人々の供養塔があります。
この本妙寺には、北辰一刀流・千葉周作(中)や名奉行・遠山金四郎(右)などの墓所があります。
102503102504102505

東池袋中央公園‥巣鴨拘置所跡

sugamo_p2池袋のサンシャインシティに寄り添うように東池袋中央公園があり、公園の片隅にひっそりと「平和の碑」という慰霊碑が建立されています。碑の表には『永久平和を願って』と記され、裏には『極東軍事裁判所が課した刑及び他の連合国戦争犯罪法廷が課した一部の刑がこの地で執行された』と記されています。この公園は第二次大戦後の「極東軍事裁判/東京裁判」により裁かれた戦犯が拘留されていた『巣鴨プリズン』の跡地で、1948年12月23日,今上天皇(当時の皇太子明仁親王)の誕生日に東条英機元首相ら7名のA級戦犯の死刑が執行された場所です。(石碑の奥の植え込み辺りが”絞首台”のあった場所らしいのですが‥)。東京裁判自体が「復讐裁判」の色合いが強いものとされていますが、この巣鴨プリズンでも”敗戦国の国民が同国人の戦犯の刑を執行する”という異様な事態が生じていました。
この碑の建立をめぐっても、地元住民による「戦犯を顕彰する碑は違憲」との訴訟は最高裁まで持ち込まれ、棄却されています。思考の振幅の大きさが日本人の特性でもあるのですが‥。この碑の碑文はそうした反対運動に配慮した結果なのでしょうが、何故、歴史的事実を事実として残せなかったのでしょうか?碑文に『永久平和を願って』と記したところで、この地で戦犯60名が処刑、18名が獄死、2名が自殺し、収監された戦犯総数が1600名であったという歴史的事実が変わるものではありません‥。

『タトヘ判決ハドウアラウトモ、ソレハ敵国トシテノ目カラ見テノコト、私ハ日本人トシテ何ラ良心ニハヅルトコロハナイ。‥(略)‥何ニシテモ敗レタモノハ弱い。~』   =元陸軍大尉の遺書より=
・・・・・・・・・・・・・・・
連合国(アメリカ)は7名のA級戦犯が神格化されるのを恐れ、遺骨など一切遺族へ返却は認めませんでしたが、敢て斎場から遺骨・遺灰を持ち出した方達により静岡県熱海市伊豆山の興亜観音に「七士之碑」として祀られており、愛知県幡豆郡三ヶ根山には、伊豆山より分骨埋葬した「殉国七士墓」があります

巣鴨・地蔵通り商店街

sugamo平日なのでもっと閑散としていると思ったのですが‥。流石に「おばあちゃんの原宿」ですね。さすがに年配者の多いこと!
JR巣鴨駅を出て白山通りを反対側に渡り、歩道橋のある所から左方面へ伸びる道があります。ここから庚申塚辺りまでが「巣鴨地蔵通り商店街」です。最初に江戸六地蔵尊・眞性寺に立ち寄りました。江戸六地蔵尊は江戸の六街道の出入口に置かれ、旅人の安全を守ってくれたと云われています。因みに巣鴨は中仙道の出入口にあたります。境内には大仏と見間違える大きな地蔵尊がありますが、お線香の煙がまるで火事でも発生しているかの様相です。
地蔵通り商店街を進んでいきます。飲食店や衣料品店が並び結構賑やかな商店街ですが、やはり衣料品店は若干「地味目かなぁ」と思いますね(笑) 土地柄バリアフリー風の飲食店が多いようです。 常設なのでしょうか(?)滋賀県と北海道の物産店がありました。 琵琶湖の”ふな寿司”が売られているのには驚きです。
商店街の中ほどに「とげぬき地蔵・高岩寺」があります。こちらもお線香の煙でモクモク状態です。境内には、さすが「巣鴨」と思わせる土産品(?)が売られてますが、耳掻き‥¥980がはたして高いのか、安いのか‥? ここから巣鴨駅に戻っても良いのですが、商店街を抜けて「巣鴨庚申塚」まで行きました。有名な割にはこじんまりとしています。現在は庚申堂に猿田彦大神を合祀しているので、小さめですが「狛猿」になっています。
ここから都電荒川線の「庚申塚駅」はすぐです。都電は前払い・均一料金¥160。JRに乗換えであれば大塚駅もしくは王子駅なのですが、今回は王子駅まで乗車、所要時間は約9分でした。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ