旅の案内人・リターンズ

「NPO江戸東京文化研究会」のスタッフ日記です。観光案内にないような話も…

荒川区

隅田川・千住大橋

161205_06
『千住大橋』は、墨田川に架かる橋で荒川区南千住と足立区千住橋戸町を日光街道(国道4号)が結びます。初代の橋は文禄3年(1594)の完成で隅田川に最初にかけられた橋です。当初は現在より200mほど上流で長さ120m、幅7mの橋で、当時の規模からすると大工事だったのでしょう。完成時には隅田川に他に橋が無く単に「大橋」と呼ばれ明暦の大火以降、両国橋などの完成により「千住大橋」と呼ばれています。この橋を渡って奥州、佐倉、水戸街道が続い行きます。現在の橋は関東大震災の帝都復興事業の一環として昭和2年(1927)に鉄橋が架橋され、交通量の増大に伴い昭和48年に新橋が造られています。
161205_08
千住大橋の荒川区側の橋のたもとに「八紘一宇」の石碑があります。今の東京では珍しい部類の石碑で、この地と旧軍との関連が良く判りませんが碑には「陸軍大将林銑十郎書」とあります。陸軍大将→陸軍大臣→第33代内閣総理大臣を務めた方ですが、天皇陛下の勅裁を受けずに朝鮮派遣軍を満州に越境展開させた張本人です。昭和12年の総理大臣在職中には理由なく衆議院を解散させるなど評判のよろしくない御人です。
161205_07161205_09161205_10

奥の細道旅立ち論争

161206_01
都内には台東区と文京区での「樋口一葉縁」の奪い合いや、生誕地と関係のない墨田区役所内に建つ「勝海舟」なんてのもありますが、荒川区と足立区の「松尾芭蕉・奥の細道旅立ちの地」の論争はある意味で笑えます。元禄2年3月、松尾芭蕉と弟子の河合曽良は深川の自宅(江東区)を出発、隅田川を舟で上り「千住で舟を降り日光街道を歩き始めます」。ここが争点で上陸地点が南岸なら荒川区南千住、北岸なら足立区北千住となります。ここへ「イヤイヤ旅立ちなら深川の自宅だろう」という意見も加わっての論争は三つ巴のようです。記念碑や芭蕉像などのパブリシティは足立区が大きくリードしていましたが、荒川区も負けてはいないようで(笑)。素盞雄神社の文政3年(1820)に建立の「奥の細道矢立初めの句碑/行く春や 鳥啼 魚の目は泪」では弱いと見たか平成27年に南千住駅前(小塚原刑場跡地前)に松尾芭蕉ブロンズ像(Pt↑)を建立しました。
161206_03
推測ですが・・。出発の前日には深川の自宅でスポンサーやら弟子やらとで壮行会が行われ、何人かは船で千住まで同行したでしょう。古社である「素盞雄神社」近辺には弟子やら知己も多く住んでおり、名残を惜しみ素盞雄神社を参拝して千住大橋を渡ったて日光街道と考える方が自然だと思われます。いずれにしろどうでも良い論争ですが・・(苦笑)。Pt↑)北千住側の千住市場にある芭蕉像です。Pt↓)は荒川区の街灯。千住大橋足立区側の句碑などです。
161206_02161206_04161206_05

素盞雄神社と須佐之男

161205_01
素盞雄と須佐之男、どちらも読み方は「すさのう」です。同じご祀神でも氷川神社は『須佐之男命』。足立区南千住の素盞雄神社のご祀神は『素盞雄大神』です。神社は南千住、三ノ輪、三河島、町屋の総鎮守で地元では「天王様」とも呼ばれているようです。創建は延暦4年(795)と古く、江戸時代までは牛頭天王社と称して牛頭天王と飛鳥権現の2柱が祀られていました。明治の廃仏毀釈によりご祀神を素盞雄大神・飛鳥大神へと改め、社名も素盞雄神社へ改称しています。分りにくい系譜ですが鎮座1200年超の古社には違いありません。「奥の細道」で有名な松尾芭蕉は元禄2年に深川から舟で隅田川を遡上して千住の地で最初の句を読み(矢立の地)、奥州へ向け歩き出しています。舟での行程はカウントに入れず千住の地が旅の始まりだという見解です。更には荒川区南千住の素盞雄神社近辺と足立区北千住とで”奥の細道出発の地”の不毛な論争なども繰り広げられています。

161205_02161205_03161205_04

小塚原刑場跡・・続

161204_06
小塚原刑場跡は南千住駅(JR&東京メトロ共)からホンの数分です。この地は常磐線の建設により当時の「南千住回向院」が分断され、現在は「首切地蔵」のある延命寺と回向院に分かれています。回向院の墓所には安政の大獄で刑死となった吉田松陰・橋本左内・頼三樹三郎の墓や江戸・明治期の悪党鼠小僧次郎吉・片岡直次郎・高橋お伝・腕の喜三郎らの墓がありますが、どうにも釈然としないものばかりです。吉田松陰・橋本左内・頼三樹三郎らは小伝馬町牢屋敷で斬首(橋本左内は士分でありながら)となっています。吉田松陰に至っては斬首が1859年、高杉晋作らが改葬したのが1863年。これだけの時間が過ぎれば当然国事犯の遺体はある訳ありません。現代と「お墓」に関する考え方が違うのですが・・。鼠小僧次郎吉の墓所に至っては全国に何か所あるのやら(苦笑)。さらには「日本近代医学の黎明・解体新書」の碑がありますが、実際は前野良沢・中川順庵・杉田玄白らが明和8年(1771)に小塚原刑場で罪人の腑分け(解剖)を見学したことからの記念碑のようです。
161204_07161204_08161204_09

小塚原刑場跡

161204_01
『小塚原刑場/こづかっぱらけいじょう』は、現荒川区南千住2丁目あたりに江戸時代から明治初期にかけて置かれた刑場です。江戸時代の刑場は東海道沿いの「鈴ヶ森刑場」、現八王子市の大和田刑場、そしてこの小塚原刑場が三大刑場と云われたようです。小塚原刑場は慶安5年(1651)に創設され万治年間(1660)年頃には千住宿の拡張により宿場町に取り込まれていますが、刑場の広さは幅108m、奥行54mで広大という感じではありません。刑場では磔刑・火炙り・梟首(獄門)・腑分け・刀の試し斬りが行われ、死体は犯罪者ゆえ丁寧には埋葬されず、野犬や烏等のお任せの地獄絵図そのものだったようです。明治初年には諸外国のてまえ小塚原刑場を廃止されていますが、刑場の創設から廃止までの間に合計で20万人以上の罪人の刑を執行されています。Pt↑)の「首切地蔵」は、寛保元年(1741)に刑死者の供養のために建立された石造りの地蔵菩薩像です。
161204_02161204_03161204_04

日暮里・太田道灌像

140225_02
 …上杉商事江戸支店長を拝命した「太田道灌部長」は、江戸進出に際して支店を今の千代田区に開設しました。時代を経て上杉商事撤退後、三河から徳川コンツェルンが上杉商事江戸支店があった場所に大規模な本店を構えました。徳川コンツェルンがあまりにも有名になったため、最初の出店者・「太田道灌」の名前が記憶に残ったというのが実際のような気がします。…現在の皇居にも「道灌濠」という名称はありますが、道灌・江戸城があったとされる場所とは異なります。ましてや徳川・江戸城は地形を人為的に変えて築城しているので、恐らくは豊臣・大阪城同様に埋め立てられてしまった思われます。さて…JR日暮里駅前の「太田道灌像」、何故ここにあるのかはいまだに疑問です。近くに「道灌山」という地名があるので何か関係があるのでしょうが…。有名な田舎娘にコケにされる「山吹の里」の伝承もアチコチに在り定かではありません。
・・・・・・・・・・・・・・
なんでも、東御苑に江戸城再建計画があり、太田道灌の子孫が名を連ねていると話を聞いたことがあります。徳川宗家ならまだしもの興味深いお話です(笑) (中)…この騎馬像のタイトルについてのプレートです。 (右)…こちらは東京国際フォーラムの太田道灌像です。
140225_03140225_04140225_05

東京の七福神・谷中

131224_01
お正月の七福神巡り…耳障りのよい響きですが…思いの外捕えどころのない縁起物イベントなのです。七福神は「神様の多国籍軍」と言い換えられるほど多岐に渡る構成となっており、1)日本神話に登場の『恵比寿様』、2)インド出身の『大黒天』・『弁財天』・『毘沙門天』、3)中国出身の『福禄寿』・『寿老人』が神様で、唯一、4)『布袋尊』は中国の実在の禅僧です。もう怪しげな雰囲気が漂ってきますね。お祀りされている場所も神社であったりお寺であったり(向島百花園なんてのもあります…)で、都度”二礼二拍手一礼”と”合掌”を見極めねばなりません。『向島七福神』のように地元の旦那衆が座興で”でっち上げ”た七福神もあります。『谷中七福神』は東京最古だけあって至極まともなようです。。JR山手線・田端駅付近の「東覚寺/写真上」から歩きだし、不忍池の「弁天堂/下右」まで谷中商店街や谷中の寺町が散策しながら約5kmくらいです。「ご朱印収集」をしながら巡ると4時間弱といった感じでしょうか?。
・・・・・・・・・・・・・・・
左)天王寺…毘沙門天。中)護国院…大黒天。右)寛永寺・不忍池弁天堂…弁財天。
131224_02131224_03131224_04

日暮里・吉村昭コーナー

021802021803荒川区東日暮里・日暮里図書館内に作家・吉村昭コーナーがあります。細心な調査、取材に基づいた歴史小説などで多くの文学賞を受賞した氏は、この東日暮里の街で生まれ育っています。ここは図書館内の一角でとても”記念館”と呼べる規模ではないのですが、氏から寄贈された原稿や愛用の万年筆が(少しだけ)展示されています。谷中の街歩きや日暮里繊維街とは多少方角が違っているので訪れるには”わざわざ感”があります。それにしても、氏の功績からしたら展示内容があまりにもお粗末で愕然としてしまいます。熱心なファンでしたら激怒するのではないでしょうか(苦笑)。持論ですが「作家(芸術家)は、残した作品でのみ評価されるべきだ…」と思ってはいますが、この内容はあまりに寂しすぎます。もう少しなんとかならんものでしょうか(!)

墨田川架橋を巡る(Ⅰ)…①

hashi_01hashi_02隅田川に架かる橋を歩いて巡るというご苦労な企画です。第1回目の出発は京成・千住大橋駅から浅草・吾妻橋まで…。写真右、「足立市場」入口脇には”松尾芭蕉”の像が建っています。この前を北千住方面に進む道が旧の日光街道となり、「江戸・千住宿跡」の雰囲気を残すといわれています。この旧宿場町を散策しても、もっともらしく復元された見どころはけっこうあります。

hashi_03hashi_04『千住大橋』…写真の旧橋は全長約91m、昭和2年に関東大震災の復興事業として完成しています。交通量の増加に伴い昭和48年に新橋が完成、現在は上下線になっています。足立区側には「奥の細道~」や昔は江戸の出入り口として大名行列や物流で賑わった旨を紹介するモニュメントがあります。
芭蕉は現清澄庭園近くの自宅を出発、大橋付近まで舟で遡上して、この地から歩き出した(!)で、”矢立初めの地”とは…。

hashi_05hashi_06左が『千住汐入大橋』…全長約158m、平成18年完成。右が『水神大橋』…全長約157m、平成元年完成です。河川敷はよく整備されていますが、申し訳ないですが人数合わせの”水増し補欠”のようなものです。名所探訪であれば千住大橋~南千住駅(千住回向院)~泪橋(明日のジョー)を廻ったほうが賢明でしょう。墨田川架橋には違いありませんが…。近年に新しく完成した橋はどうしても”風格”に欠けるようです。

hashi_10hashi_09『白髭橋』です。現在の橋は昭和6年の完成で全長が約168mあります。この白髭橋は元々は地元の方の募金によって完成したという歴史を有し、後、経営の行き詰まった結果、当時の東京府に買い取られ、さらには関東大震災復興事業として現在の橋が造られています。前の2橋に比べると風格が異なり、重厚な造りです。写真左は「台東区」になります。足立区を出発、荒川区を通って台東区まで来たことになります。

人斬り朝右衛門こと山田朝右衛門

kubi南千住駅下車すぐに江戸時代から明治初期にかけて存在した”小塚原刑場跡”があります。写真の首切地蔵は死者を弔うため1741年に建立されたとされています。ここ地では創設から廃止まで約20万人以上の罪人が処刑されています。明治13年制定に「死刑ハ絞首トス」と刑法が制定されるまでは、日本の死刑執行は”斬首/首切り”で、山田朝右衛門が代々執行していました(同じ名前で8代にわたりますが‥)
江戸時代の斬首刑はかなり非人道的な処刑方法です。首の部分は晒し者とされ、首の無い胴体はそのまま放置。野犬や烏の食べるにまかせたとあります。これだけでも薄気味悪いのですが、山田朝右衛門家の他の家業について記された資料には”エ~ッ”と思う記載があります。この朝右衛門家は幕臣でも旗本でもなく実際はタダの浪人扱いなのです。斬首担当を任命しておいて不浄な家業だから家臣にはしないもないもんですが‥。斬首刑執行の傍ら、代々の将軍や大名の刀や薙刀の罪人の切り離された胴体を使っての試し切りも重要な仕事だったそうです。また刑場内に人斬り練習場を設置、後継者の育成の努めるなどもしていたそうです。この辺りまでは薄々は知っていましたが、さらにもう一つの家業である”人体から取り出した内臓を乾燥させて丸薬として販売して財をなしていた”などは全く知りませんでした。それが大昔のことではなくつい150年ほど前にはごく普通の習慣だったとは驚きです。

あらかわ遊園・こどもの家きくや

kikuya_1都電荒川線「荒川遊園前」下車3分に23区で唯一の公営遊園地(荒川区立)があります。定番のアトラクションは揃っているようですが小学校低学年まで向きで、動物園などもいわゆる”小物”しかおりません。都電駅からあらかわ遊園(駅名は漢字、施設名はひらがな)までの途中に、昔ながらの駄菓子屋風の店”こどもの家・きくや”があります。年配の方なら記憶にあるでしょうが「学校帰りに寄り道したお店」がそのままの佇まいであります。店内にはもんじゃ焼きのテーブルが4台あり、もんじゃ焼きが¥350/1人前~です。月島近辺の『白い粉の恐怖』のお店とは違って素朴そのものです(!) 元々もんじゃ焼きは子供のおこずかいでおやつ代わりに食べたもの、こちらが正しいもんじゃ焼きではないでしょうか?荒川区や足立区にはこのなお店が数こそ減りましたがまだ残っています。店内には懐かしい駄菓子もいろいろ売られていて、多くが¥20~¥30です。”大人買い”しても大きな金額にはなりません。それでも時代なんですねぇ、AKB48のカード(?)なんてのもありました。週末には「あらかわ遊園」帰りの家族連れで混みあい、1時間待ちなんて事もあるそうです。
もんじゃ焼きの食べ方が判らないでも大丈夫。店のおばちゃんが教えてくれます。

三味線に挑戦!

arakawa_kato和楽器の雄、三味線に挑戦です。実は各部の名称等良く知らないので、ギター(エレキ)に置き換えて書いてみます。適切でない部分はご容赦を‥。
・・・・・・・・・
ボディ】=太鼓に棹(ネック)が差し込んである感じです。皮は犬、猫、狸などで、沖縄では蛇ですね。猫は繊細な響き、犬は太い音、皮は主に輸入品だそうです。【ネック】=スケール(長さ)や太さは、地方(津軽や沖縄など)により違うそうです。【ペグ(糸巻)】=ギターと異なりギアはありません。けっこう不安定です。【弦】=絹糸仕様です。テンション(弦の張)の強さは微妙な感じです。【チューニング】 1弦=レ(D) 2弦=ソ(G) 3弦=レ(D)です。これを『本調子』と称します。2弦が(G→A)になれば『二上がり』 3弦が(D→C)であれば『三下がり』です。これが基本的なチューニングで、練習時や奏者の唄の音域に合わせてド・ソ・ド(1音下げ)の場合もあります。音の響きはD-G-Dが三味線らしいようです。ここまで解れば勝ったも同然なのですが‥。そうは行きません。かなり難しいです(!) ギターと異なり、フィレットなど音程を安定させる仕掛けが殆どありません。チューニングにしても基準音がなく相対的なチューニング(要は演奏者の感覚)なので、かなりの音感が要求されます。音の共鳴の仕組みが『皮』なので湿気など天候に大きく影響されてしまうようです。
・・・・・・・・・
三味線の製作工程を見学、実際に触らせてくれるお店が荒川区にあります。都電荒川線・熊野前駅と東尾久3丁目の中間にある『三味線かとう』です。1階が工房と店舗で、2階がライブ・ハウスになっています。三味線も6万円代から販売されています。三味線に興味のある方、実際に手に取って「いける」と思ったら挑戦してみて下さい。

ジョイフル三ノ輪商店街

minowa_2minowa_1地震ネタでなんなんですが、1855年に安政の大地震と言われるM6.9と推定される江戸直下型の大地震がありました。一説によると震源地は”亀有”辺りとも言われています。この時に死亡した吉原の遊女達は現南千住の「浄閑寺」に文字通り”投げ込まれた”そうです。浄閑寺は日比谷線三ノ輪駅下車すぐです。ここからJR常磐線ガードをくぐり国道4号線から少し入ると「ジョイフル三ノ輪商店街」があります(国道からは見えませんので注意してください)
日比谷線三ノ輪駅徒歩5分というより都電荒川線三ノ輪橋駅脇と言った方が良いですね。都電荒川線に沿うように約500mの商店街が続いています(都電の駅で1区画分です)。この商店街は東京でも珍しいくらい”元気な商店街”です。昔懐かしいパン屋さん、紅ショウガ入りの天婦羅お惣菜を売るお店、餃子だけを専門に売るお店‥。懐かしいようで、それでいて今も元気な商店街です。今は寂しくなった他の商店街も昔はここのように活気溢れる商店街だったのでしょう。商店街を散策するのに気を付けなねばならないのは、地元のおっちゃん&おばちゃん方の”自転車暴走族”です。とにかく音もなく勢いよく走り抜けてきます。常に後方注意で歩きましょう(!)
都内で唯一残る都電荒川線はノンビリした下町の散策にはお勧めです。初乗り1区間で¥160、当日限り有効な1日フリー切符は¥400ですから3回乗れば元がとれます。JR王子駅までの路線には荒川遊園や都電荒川車庫などがあり、JR王子駅付近には以前紹介した飛鳥山、東京十社の王子権現、王子稲荷、名主の滝公園などの見所もあります。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ