旅の案内人・リターンズ

「NPO江戸東京文化研究会」のスタッフ日記です。観光案内にないような話も…

東京都下

立川・阿豆佐味天神社

200704_01
あきる野市の二宮神社に出かけついで珍し神社がないかと検索したら立川市の「阿豆佐味天神社・立川水天宮・猫返し神社」を見つけました。これで「あずさみてんじんしゃ」とは読めませんよねぇ(苦笑)。さらには菅原道真ではない「天神社」でした。元々の「天神信仰」は国津神に対して高天原在住の天津神の総称で菅原道真の怨霊信仰とは異なるのですが、そのあたりは”いいじゃないですか”という事で…。
200704_03
今回は西武拝島線の武蔵砂川駅からTaxi(¥800)、帰りは立川駅へ路線バスを利用しました。「阿豆佐味天神社」は予想以上の神社でした。総本社は多摩郡瑞穂町にあり砂川は1629年に地域の開墾に伴い村の鎮守として創建されたようです。祀神は「少彦名命/すくなひこのみこと」と「天児屋根命/あやねこうあねのみこと」の2神です。
200704_05
境内社の数も多様で前項の養蚕の神・蚕影神社(猫返し神社)や安徳天皇。建礼門院らの立川水天宮。厄除の八雲神社、疫病除、縁結びの疱瘡社。五穀豊穣の稲荷社。火災盗難序の御嶽神社。縁結び安産の浅間神社。交通安全の金比羅社。疫病徐の八坂神社と多岐にわたります。昔から鎮守社として様々な願いを聴いてきた神社さんなのでしょう。
200704_04200704_02200704_06

立川・猫返し神社

200703_01
昔から身近にいた動物の代表は「猫」だと言っても良いでしょう。身近な割には猫を所縁とする寺社は意外と少ないものです。東京では招き猫伝承の杉並・豪徳寺や浅草の今戸神社(実際は捏造された伝承ですが)や新宿区南長崎の無量寺の猫地蔵、さらには港区赤坂の美喜井井稲荷などがあります。今回の通称「猫返し神社」はエッセイ部分を除くと話の傾向としては日本橋堀留町の三光稲荷神社に似ているようです。
200703_02
正式名称は「猫返し神社」な訳はなく立川市砂川町の菅原道真でない方の「少彦名命」を祀る阿豆佐味天神社(あずさみてんじんしゃ)の「蚕影神社」で祀神は金色姫命という養蚕の神との事です。この地は江戸時代は養蚕業が盛んで蚕を喰い荒らす鼠を猫が退治するという流れで建立された神社のようです。昔の飼猫は鼠退治の為にご飯がロクに与えられず腹減り状態で必死に鼠を捕まえていたという話もあるようですが(笑)。
200703_03
近くに在住のジャズ・ピアニストの山下洋輔氏の飼い猫が行方不明となり、氏が神社にお参りすると無事に帰還。これを繰り返すこと数度の顛末をエッセイに掲載したところ一気に猫返し伝承が広まったとの事です。ということは三光稲荷社と同じです。花街のお姉さん有名ジャズ・ピアニストの違いというお話です。
200703_05
山下氏の話が広まるにつれ猫好きの人々に参拝が増えたらしく、猫のデザイン絵馬、猫の石像、猫の手水舎となかなかの充実ぶりです。通常の雄猫の縄張りは意外と広く行方不明は珍しい事ではないのですが…。この「蚕影神社」は阿豆佐味天神社の境内社です。猫云々がなければ訪れる事も無かったでしょうが、実際は阿豆佐味天神社も良い感じでした。
200703_07200703_04200703_06

あきる野市・二宮神社…(2)

200702_01
梅雨の合間の晴れ日はデジカメの露出計が完全に騙されがちです。鳥居と社号標がある石段が二宮神社の表参道となるのでしょう。「二宮神社」調べて行けば行くほど疑問点が出てきます。だいたいが「天津神」が主祀神の神社はSF物語のようで未知の神々が次々と登場するのですが、少なくとも嵐=二宮は関係ありません。
200702_02
Pt↑)の向かい側に「お池」や「御手洗池」と呼ばれる湧水池があります。【日本武尊の東征途中でこの地で「国常立尊」を祀ったところ湧き出た湧水】との伝承があるようですが関東での日本武尊東征の伝承はあちこちに伝わっています…(苦笑)。水量豊富で透明度もあり飲料としても充分でしょう。古代の人々が集落を造るには絶好地です。
200702_03
この湧水池のほとりに「社宮社/しゃぐじしゃ」の社殿があります。ご祀神はよく判りません。説1は三種神器の「八咫鏡」を作ったとされる超マイナーな【石凝姥命】の説。説2は地元に根付いた民間伝承の神。まぁ2でしょうねっ。昨今は神域の池がキレイになった神社が増えていますがこの池の透明度はケタ違いです!
200702_04

あきる野市・二宮神社

200701_02
「大國魂神社」の関連で東殿の二の宮、あきる野市の「二宮神社」へ行ってみました。中央線を拝島で乗換えて五日市線「東秋留」下車徒歩5分程です。この神社【やばいよっ】が3ッ付く位のやばさです。やばいと云っても二宮繋がりで「嵐=二宮」の聖地なんて馬鹿は言いません(笑)。見渡せば多摩川の本支流を望む丘に涸れる事のない湧水に恵まれた人々の暮らしには絶好の場所です。地形的には浦和の氷川女體神社と良く似ています。
200701_01
神社の創建年は不詳です。「小河大神」・「小河大明神」や「二宮大明神」とも云われ、いまでも大國魂神社六所宮の一座なのですが、古代神社名鑑の「延喜式」に式内社との記載がない(そこまでの格式がない)という不可思議な神社なのです。ご祀神は国常立尊(くにのとこたちのみこと)と称する高天原在住の天津神で、古事記や日本書紀に記載はあるが実績がよく判らない神様です。社殿は平安時代に武将・藤原秀郷により造営され、鎌倉武士や徳川家と繋がりも厚かったようです。現在の社殿は江戸時代に建立されたもので、明治3年に現社名の「二宮神社」となっています。
200701_03
神社の格式を表すのは「延喜式」記載の有無とや明治年間に制度化され第二次大戦後に廃止された「近代社格制度」によるとされますが、現在とは歴史解釈も情報量も圧倒的に違い参考にしかなりません。この神社は社格云々より、この土地に生まれ暮らし死んでいった人達が敬い大事に守ってきた歴史が感じられます。鎮守神社はこういう存在なのでしょう。
200701_04
境内末社には伊勢神社・八幡社・八雲社・天神社・稲荷社・諏訪社等がありました。珍しいのは「荒波々伎(アラハバキ)神社」がある事です。この神様は何者なのかが良く判りません。元々はこの地に先住した東北系部族の神であり出雲系の部族が先住の民を追出し祀神を入替えたとの説があります。大宮・氷川神社にもそんな伝承があります。この地でも同じことがあったのかもしれません。先住者を排除してもその記憶は残すとはモロ日本的です。
200701_07
拝殿と本殿を横から見ます。この造りは「三間社流造」だそうで幣殿が通路状になっています。社殿は東向きですが何故なのか北向きの扉があります(電柱の後方)。本殿内部には室町時代造営の宮殿があるそうで鞘堂的な構造になっているのでしょうか?9月の例大祭は通称「しょうが祭」と。云われ”しょうが”を奉納し夜には東京唯一の農村歌舞伎を伝承している都の無形民俗文化財の秋川歌舞伎が催されるそうです。たしかにやはい神社です。
200701_06
社殿位置から見下ろした景色、この方向が東のようです。いまでこそ住宅がありますが多摩川の本支流を見渡す丘に鎮座しています。この丘の下ると「東京の名湧水57選」選定の涸れることのない「二宮神社・お池」があります。川の流れる平地、山には獣たち、涸れることのない湧水。古代の人達が住むには絶好の場所です。
境内社の1)左から稲荷神社・天津社・八雲神社・八幡神社・伊勢神社。2)諏訪神社。 3)社務所です。
200701_08200701_09200701_10


府中市・大國魂神社…(5)

200626_01
大國魂神社の神社HPに案内がありますが神社近くには数社の「摂末社」が鎮座しています。【瀧神社】は東府中駅から徒歩7分位でしょうか、大國魂神社の例祭ではこちらの滝で身を清めるそうですがホントかよと思います。崖状の傾斜地にあり、お社はパッと見ると「おみくじの販売機」のようです。ご祭神は加茂別雷命・玉依姫命・加茂別建角身命とあり大國魂神社の「水神社」はこちらから分霊されています。
200626_02
場所がら競馬関係者の住宅が多いようです。京王出臍線「府中競馬正門前」の線路際には応神天皇を祀る【武蔵国府八幡宮】があります。聖武天皇の時代に一国一社を京都の石清水八幡宮から勧請しています。地図でみると”八幡町緑地”となっていますが荒れ気味の雑木林のようです。神社の整備補助は無理でも緑地の整備なら予算は付くでしょうに…。
200626_03
更に情けないのが少名彦命(スクナヒコノミコト)を祀る菅原道真でない方の【天神社】です。隣の日吉神社の方がそこそこ立派なので天神社を見つけた時は町内会集会所物置かと思いました。大国主命と共に国造りに携わった神が祀られ、さらにはあの近藤勇の天然理流の試合が行われた場所でもある天神社がこのありさまとは…。
200626_04
続いての「境外摂末社」は府中本町駅から徒歩5分位の【坪宮】です。ご祀神は兄多気比命(えたけいのみこと)で大國魂大神以前に武蔵国国造の神なのです。大国魂神社のくらやみ祭り例大祭でも特に重要とされるお社です。
ついでと云ったら語弊がありますが東府中駅から坪宮まで約2時間かかります。こんな社寺もありました。 1)坂の名は「天神坂」天神さま隣の「日吉神社」、近藤さん達が暴れたのはこの神域では…。 2)真言宗豊山派の妙光院です。多摩八十八ケ所霊場の23番だそうです。 3)妙光院隣接の天台宗の慈覚大師の開山による安養寺です。
 200626_05200626_06200626_07

府中市・大國魂神社…(4)

200625_01
大國魂神社から北方向へ続く「馬場大門欅並木」は源頼義・義家の親子が「前9年の役」で奥州へ向かう途中で戦勝を祈願、凱旋時に欅苗木を奉納したことによります。欅並木途中には源義家(八幡太郎義家)の像がありますが、この親子はとにかく神頼みの戦勝祈願ばかりしています。奥州豪族の阿部氏の反乱の前9年役は実質12年続き、親子は味方が10名以下となるほどの大敗を喫し、辛うじて清原氏の加勢で辛勝します。「勝利凱旋」なんでしょうかねぇ。
200625_02
旧甲州街道と府中街道の交差点の「府中高札場跡」です。江戸時代、宿場の中心地に幕府の政策や禁止令など生活に密着した多岐に渡る情報を高札場に掲示します。故吉村昭氏の作品の「桜田門外の変」の指導者・関鉄之助(高野長英)の指名手配情報も掲示告知されたのでしょう。似顔絵とプロフィールの捜索情報ながら検挙率の高さには驚かされます。高野長英の場合、生国・陸奥、丈高く太り候方、面長にて角張候方、色白く、眉毛薄く、目尻下がり、黒目赤き方。これで「アイツ怪しいゾ‥」となったのですかねぇ(?)
200625_05
武蔵野線・府中本町駅前は東京競馬の開催がないと閑散としています。改札から大國魂神社へ向かうとガラ~ンとして広場があります。実はここは歴史的遺構で8世紀初頭に存在した武蔵国の国司館の遺構であり、1590年代には豊臣秀吉が小田原征伐と奥州仕置で関東に滞在した際に徳川家康が秀吉接待の為に造った御殿跡でもあります。元はイトーヨーカードの駐車場だったそうで、現在は「国司館と家康御殿史跡広場」となっています。
200625_06200625_07200625_08

府中市・大國魂神社…(3)

200625_03
拝殿から左廻りでの摂社です。こちらは「水神社」、水波能売命/ミズハノメノミコト、加茂別雷命/カモワキイカズチノミコト、玉依姫命/タマヨリヒメノミコト、加茂別建角身命/カモワキタケヌミノミコトの4神が祀られています。申し訳ないのですが存じ上げません。昭和58年に境外末社の「瀧神社」より分霊されたとあります。
200623_03
こちらは「松尾神社」。寛政12年(1800)に武蔵国の醸造家により京都の松尾大社より勧請されたとあります。ご祀神は大山咋命/オオヤマクイノミコト。酒、醤油、味噌等の醸造の守護神や開拓の神とされます。
200623_04
こちらは「巽神社」。ご祀神は市杵嶋姫命/イチキシマヒメノミコトとありますが弁財天のことです。芸術の神でもあり花柳界からの信仰が厚いようです。神社名の「巽」は元の鎮座地から遷座した際に本殿の巽の方角に置かれたので「巽神社」となったようです。本殿向かって左側に鎮座の摂社はここまでです。
200625_04
狛犬が置かれているのが「東照宮」です。徳川家康公を祀る東照宮は全国に数多くありますが大國魂神社は徳川家の庇護も厚く、近くには徳川家の御殿が造られ鷹狩りが行われていました。さらには家康公を久能山から日光へ移す際にこの地で過ごされた事から元和4年に徳川秀忠の命で造営されたと云われます。にしては地味ですが…(苦笑)。
200623_07
こちらは住吉神社と大鷲神社です。住吉神社のご祀神は表筒男命/ウハヅツオノミコト・中筒男命/ナタヅツノオノミコト・底筒男命/ソコヅツオノミコトで大阪住吉の総本社から分霊されています。大鷲神社のご祀神の大鷲大神/オオトリノオオカミは開運・商売繁盛の神として知られています。
200623_05
《神社は裏側は不可思議に溢れています》本殿の裏側の樹齢1000年ともいわれる大銀杏です。古社にはつきものの大銀杏とはいえ大変な巨木です。どれだけ多くの人々の願いを聴いてきたことでしょうか。大國魂神社は謂れは判りませんが北方向を向いています。晴れた日の午前中の写真は逆光気味となってしまいます。
200624_01200624_02200624_03

府中市・大國魂神社…(2)

200621_01
「武蔵国総社」と称される大國魂神社には様々な摂社が鎮座しています。京王府中駅から源頼義・義家親子が植えたとされる国名勝天然記念物「馬場大門欅並木」を進み、旧甲州街道を渡ると昭和26年の造られた高さ10m程の大鳥居と大國魂神社の社号標です。御影石の鳥居としては日本一と言われるようです。
200621_04
参道を進むと左に宮乃咩(みやのめ)神社のご祀神は天鈿女命(あめのうづめのみこと)、日本神話の岩戸隠れや転送ん降臨に登場する女神で「芸能の神」としても信仰されています。創建は大國魂神社と同年代のようで、源頼朝の妻の北条政子の安産を祈願したとされ「安産の神」で知られ”柄杓”を奉納するようです。本殿の造りが只者ではありません。
200621_05
「隋神門」手前の「手水舎」です。右側にという事は参道は右側通行なのでしょうが、神社HPでは記録に残る資料では神域のあちこちを移動しているようです。千鳥破風の屋根や多くの聖獣の彫刻など、ここまで立派な造りの手水舎はあまり見かけません。建物右の石碑は明治40年の「日露戦役記念碑」です。
200621_06
手水舎の向かい側には太平洋戦争時の郷土出征兵士を祀る「忠魂碑」と旧海軍の軽巡洋艦「多摩」の戦没者を祀る「軍艦多摩戦没者慰霊碑」です。Pt↓) 1.大鳥居を抜け右側の神戸(ごうど)稲荷神社です。旧町内名神戸の方々によるものとあります。2.)参道途中の「ふるさと府中歴史観」脇には「国史跡 武蔵国府跡」の石碑があります。国府はこの辺りからJR府中本町にかけてあったようです。
200621_02200621_07200621_03

府中市・大國魂神社

200618_00
府中は「武蔵国」の昔から政治経済の中心として、江戸時代には甲州街道「府中宿」として繁栄していました。この地に鎮座するのが「大國魂神社」です。神社HPでは創建は約1900年前の景行天皇41年(111年)とあり、大化の改新以降には武蔵国府が置かれ”国司”が武蔵国諸神を大國魂神社に祀ったのが起源のようです。”国司”が祭祀のたびに遠出するのが大変なので、この地にまとめて祀ったという事のなのでしょう。
200618_04
流造・切妻千鳥破風の拝殿です。慶長年間の徳川家康による社殿造営の際は幣殿(権現造?)があり、明治18年の改築時に現在の形式になっています。祀神の大國魂大神は大国主命と同神で、武蔵国の守り神として人々に衣食住、医療やまじないの術を授けられた神様で、今では福神・縁結び・厄除け・厄払いの神として知られています。
20110706_02
工事中の為Pt)は2011年の撮影画像です。拝殿奥の本殿は東京都有形文化財指定で室町時代の神社建築様式の三殿一棟の姿を残しています。向かって左側(枝のかげ)は東殿として一ノ宮・小野大神、二ノ宮・小河大神、三ノ宮・氷川大神が、右西殿には四ノ宮・秩父大神、五ノ宮・金佐奈大神、六ノ宮・杉山大神が、中央の中殿には大國魂大神、御霊大神、国内諸神が祀られています。著名な六神を祀り「六所宮」とも称せられていました。
200618_05
一ノ宮(小野神社)は多摩市、二ノ宮の(二宮神社/小河大神)はあきる野市、三ノ宮(氷川神社)はさいたま市、四ノ宮(秩父神社)は秩父市、五ノ宮(金讃神社)は児玉郡、六ノ宮(杉山神社)は横浜市緑区と広大な武蔵国に点在しています。これでは国司の職務は大変です。一か所に集めたのは効率的と云えば効率的ですが…。
200619_01
神社の最寄駅は京王線・府中駅orJR府中本町ですが、京王府中の方が賑やかで食事処など豊富です。府中本町は史跡「国司館と家康御殿史跡跡広場」は最寄りですが、参道は「隋神門」脇に出てしまいます。Ptは旧甲州街道側の高さ10mの御影石製の大鳥居です。今の季節なら緑に囲まれた参道は気分の良いものです。参道途中の「宮乃咩神社/みやのめじんじゃ」は安産や芸能の神として人気があるそうです。
200618_07
平成23年に大國魂神社御鎮座壱千九百年(1900年)事業の一環で改築された「隋神門」です。高さ8.5m,幅2.5mで門扉だけでも高さ4.5m、幅4.7mあります。正面側には随神像、後面側には恵比寿・大国が納められています。隋神門の手前右側の「手水舎」はえらく凝った造りで各所にちりばめられた獅子、龍、獏、鳳凰などの聖獣の彫刻は実に見事です。
200618_11
隋神門と拝殿の間にあるのが「中雀門」です。朱に塗られた門は色彩的に異色感があります。塀は延べで80m、軒高2.5mで昭和44年に明治維新百年記念事業として改築されました。隋神門と中雀門との間には、お寺の「鐘楼」に対して「鼓楼」と呼ばれる時を知らせる太鼓を収めた建物があります。良く判らないのが左右に置かれた「亀石」と「鶴石」です。鶴と亀の姿でもなく鳥居の台座でもない自然石で恐らく「結界」を表すのでしょう。
200620_03200620_01200620_02



多摩市・小野神社…(3)

181127_01
調べていくと、お隣の府中市にも天下春命(あめのうわはるのみこと)・瀬織津比咩命(せつおりひめのみこと)の2柱を祀神とする『小野神社』があり『武蔵一之宮』を掲げているようです。この2社は多摩川の氾濫の度に遷座を繰り返した結果2社に分かれたのでしょう。つまり『武蔵一之宮』は大宮氷川神社・多摩小野神社・府中小野神社(さらには氷川女體神社との説もあり)があることになるのですが、東京・埼玉・神奈川に約200社ある氷川神社の総本社『大宮氷川神社』と比べる小野神社系はどうしても分が悪くなります。
181127_02
因みに『大宮氷川神社』のご祀神は須佐之男命・奇稲田姫命・大己貴命の3柱で、神社の社格としても延喜式での式内社、勅祭社。旧社格は官幣大社で現別表神社。宮中四方拝の一社。初詣の参拝者も埼玉県1位、全国でも10位以内の約210万人と圧倒的に異なります。神社に優劣をつけるのは意味のないことで長い年月を地域の人に崇敬され、今でもその地に鎮座しているのはそれだけで価値のあることです。
181127_06
拝殿・本殿の造り拝殿と本殿が離れている古い神社形式です。時代が下ると建物を繋ぐ幣殿が造られ「権現造り」となっていくので、それ以前の神社形式です。小野神社HPには明治10年代の神社の絵が掲載されていますが、やはり天津神の神社にしては朱色の派手な社となっています。朱色は稲荷神社のそれとも異なるようですが、勢いで塗ってしまったのとは違うようです。同HPには大正15年に失火により全焼し、昭和2年に本殿、拝殿が再建された旨の記載がありした。
181127_03181127_04181127_05

多摩市・小野神社…(2)

181126_01
『武蔵一之宮・小野神社』と『武蔵一之宮・大宮氷川神社』の両一之宮は元祖と本家の様な対立関係ではありません。武蔵国総社の『大國魂神社』が造られたとき武州六大明神として一之宮小野神社(多摩市)・二之宮小河神社(あきる野市)・三之宮氷川神社(さいたま市)・四之宮秩父神社(秩父市)・五之宮金鑚神社(児玉郡神川村)・六之宮杉山神社(横浜市)が祀られ、この時点では大宮氷川神社は三之宮となっています。ここらが一之宮論争の論拠のようです。一之宮小野神社(多摩市)と大國魂神社(府中市)は距離的く、大國魂神社に多くの参拝者が集中することから一之宮をさいたま市に移したのではないでしょうか。
181126_02
神社の優劣を比べるのは意味のない事ですが、どうしても慣れ親しんだ大宮氷川神社と比べてしまいます。それにしても驚かされるのは小野神社の『隋神門』です。この門が再建されたのは昭和39年とありますが、門に施された彫刻の見事な事!ざっと見とも青龍・朱雀。白虎・玄武と思われる四神、十二支の動物達、さらには風神。雷神らの神獣が文字通り白く光る眼をこらして神域を守っています。
181126_03181126_04181126_05

武蔵一之宮・小野神社

181125_01
『一之宮』とは飛鳥時代から明治初期まで日本の地理区分の基本であった「令制国」で一番社格の高い神社をいいます。 1)令制国1国に1社   2)祀神は国津神の神々もしくは地元住民の崇拝強い地元神   3)延喜式神名帳に記載された式内社であることなどの規定はあるのですがそうはいかないのが如何にも日本的です。武蔵の国一之宮といえばさいたま市の『氷川神社』を指すのが一般的ですが、多摩市一ノ宮町に鎮座する『小野神社』も武蔵一之宮を称しています。京王線・聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩10分程度。氷川神社に比べると神域はコンパクトに感じの神社です。
181125_02
本家と元祖とかの関係では薄く、小野神社の主祀神は天下春命(あめのうわはるのみこと)・瀬織津比咩命(せつおりひめのみこと)・伊弉諾尊・素盞嗚尊らの天津神です。国津神の大己貴大神(大国主)も祀ら、さらに境内社の神々までいれればかなり賑やかな状況となっています。「多摩市にも武蔵一之宮が」と簡単な気持で出かけたのですが、思いのほか興味深い神社のようです。=続く=

東伏見稲荷神社

180624_01
東京近郊には東松山や東久留米のように【東】がつく地名があります。西東京市の『東伏見稲荷神社』も京都に対しての【東】が付けられています。創建由来が、関東の稲荷神信者により中島飛行機の社有地に京都の総本社から昭和4年(1929)に勧請し創建されたそうです。神社の創建されたことにより地名も変更され、西武新宿線の最寄駅も「上保谷」から「東伏見」に変更されています。こうなると否が応でも京都総本社のイメージが浮かんでくるのですが、実際はかなり残念な現実がありました。西部新宿線の「東伏見駅」は急行すら止まらず駅前には門前町の雰囲気はなく”一の鳥居”があるのみです。神社までは徒歩10分程度ですがお土産屋も食事処も茶店も一切ありません(!)
180624_02
青梅街道との交差点近くまで来ると丘の上に朱の鳥居が見えてきます。この景色が「新東京百景」に選ばれているそうです(笑)。階段を登り門を抜けると本殿が見えてきます。ご祀神は宇迦御魂大神・佐田彦大神・大宮能売大神の稲荷の代表的は三神です。本殿裏には朱の鳥居が林立する摂社も数多いのですが、正直、関東における「伏見稲荷東京別院」と称するなら物足りないとしか表現できません。最寄りの駅から参道を歩き神社へ向っていくわくわく感はまったく無く、京都の”あのイメージ”は微塵もありません。
180624_03180624_04180624_05

江戸東京たてもの園…(4)

170625_01
『江戸東京たてもの園』では明治・大正・昭和の建物が10数軒並ぶ東ゾーンがお気に入りです。港区白金の『小寺醤油店』は昭和8年、江戸川区南小岩の和傘問屋の『川野商店』が大正15年、江戸末期とされる『万徳旅館』と青梅からです。昭和初期の神田神保町の荒物屋『丸二聖天』の外壁に銅板を貼った通称看板建築は今でも築地明石町には残っていますが・・。Pt↑)は昭和4年の建築で足立区千住元町からの『子宝湯』です。千住辺りには今でも銭湯が多く営業しているのですが、これぞ「銭湯」という姿です。
170625_03
何処なのかが特定できない「漁村の風景」とお決まりの「富士山」、これぞ銭湯の正しい風景画です。男湯と女湯の境のタイル壁には男湯側が「京都五条大橋」と「那須の与一」、女湯側には「猿蟹合戦」と「舌切り雀」。脱衣場(男湯側)には乱れ駕籠が並び、仕切り壁の広告もローカル感に溢れています。そして憧れの番台は意外と低いようです。そういえば浴室の仕切り壁も低いので、これなら絶対に覗けます(笑)
170625_02170625_04170625_05



江戸東京たてもの園…(3)

170624_01
江戸東京たてもの園内の『高橋是清邸』です。もとは港区赤坂にあった屋敷を移築しています。226事件の後ご遺族により邸宅の一部と玄関部部分が多磨霊園に移築されていました。結果として戦災を逃れられ平成5年(1993)よりこの地で絵公開されています。Pt↑)は2階からの眺めです。ガラス越しに見えるお庭の景観を「某ジ●リ・プロダクション」が作品の参考にしたとの話はいかにも某プロらしい胡散臭い話です。武蔵野の雑木林は「ととろの森」、年代物の風呂屋は「千と千尋の~」のモデル(?)・・まったく誰が言い出した話やら(笑)。
ベランダのガラスは明治後期の日本製で、技術が未熟な時代だけあって歪んでいます。壊したらエライ事です。気を付けましょう(!)。1936年の2.26事件の際、青年将校に殺害された現場はPt↓)の和室です。ここには屋敷の一部が保存され、赤坂の邸宅跡は高橋是清翁記念公園となっています。高橋是清氏は私生児として生まれ、貧乏足軽の養子となり、現明治学院の前身で学んでいます。アメリカに留学時には奴隷として売られ、帰国後は官僚となるも、転身してペルーで鉱山事業に手を染め大失敗し、再び帰国して大蔵省、貴族院議員、大蔵大臣をへて総理大臣へ就任。そして2.26事件で殺害されるというなんとも波乱万丈な人生を送っています。
170624_02170624_03170624_04

江戸東京たてもの園…(2)

170623_01
紀元2600年記念事業の一環として構想された「小金井大緑地」が昭和29年(1954)「都立小金井公園」となり、その園内施設であった「武蔵野郷士館」を拡充するかたちで、「江戸東京たてもの園」は平成5年(1993)に墨田区の「江戸東京博物館」の分館としてオープンしています。建造物は「東京」にあったものに限られているようですが、敷地面積は約7haもありけっこう広いです。駐車場も広大ですが電車利用ならJR中央線・武蔵小金井駅・北口の西友前の2or3番からバス利用が便利です。Pt↑)の入口まではバス停から5分以上は歩きます。注)園内は食事施設が少ないので食事難民になる恐れがあります。Pt↑)はビジターセンター(売店・喫茶・コインロッカーなど有)で入園はこちらから、建物は紀元2600年記念式典のために昭和15年(1940)に皇居前広場に造られた『旧光輝殿』の建物です。Pt↓)は『午砲』。通称「ドンの大砲」で明治4年~昭和4年まで皇居東御苑(旧江戸城本丸跡)に置かれ時報告知として使用されたものです。電飾塔は明治年代に皇居正門石橋(二重橋)にあった6基の内の1基です。
170623_02170623_04170623_03

調布・布多天神社

170621_08
調布の駅北口から徒歩7分程。鬼太郎&妖怪たちの像が並ぶ”天神通り商店街の先に布多天神社(ふだてんじんしゃ)が鎮座しています。社伝では多摩地方有数の古社で、室町時代中期に現在地の遷座したきたようで、江戸時代には近郊宿場町の総鎮守とし崇敬されていたようです。ここは「墓場の鬼太郎」によると神社の裏手の雑木林に鬼太郎親子が住んでいるという設定の神社です。
今はもう滅びた商売形態ですが、小学校の登校路に「貸本屋」なる「有料貸出漫画図書館」があって、そこで墓場の鬼太郎やらの水木作品に出合っています。今だったら発売禁止にるだろうの不気な本で、それが「墓場」→「ゲゲゲ」にとなり、アニメ化やTVドラマ化、映画化と、いつの間にやら超有名人になってしまいました。それにつけても雰囲気のよい神社です。
170621_07170621_09170621_10

調布・鬼太郎の街

170621_01
久々に下車した京王・調布駅はものの見事に様変わりしていて、しばらくは呆然としていました(苦笑)。駅前の再開発の一環なのでしょうか、駅近くの自転車駐輪場(調布駅北第1自転車駐車場)が建て替えられ、建物壁面には鬼太郎・猫娘・一反木綿の絵が描かれています。入口に置かれたのがPt↑)の「妖怪ポスト」です。「墓場の鬼太郎」によると”妖怪ポストから鬼太郎宛ての手紙を投函すると助けに来てくれる”という設定ですが・・。某クマ氏のような”和風テイスト”に溢れる木目調に塗られていて、当然ですが屋根は藁ではありません。企画立案から設置まで2年を要したようですが、目白のまことちゃんと違ってこちらのは納得するだけのストーリーがあります。
170621_02
調布は「墓場の鬼太郎」の作者「水木しげる氏」が住んだ街で、ご夫妻を描いたNHK朝ドラや映画が公開されたのは2010年の事でした。「布多天神社」へ向かう天神通り商店街には所々に鬼太郎・目玉オヤジ・ネズミ男・一反木綿・猫娘・ぬり壁など鬼太郎の仲間たちの像が置かれています。数年前に水木氏の生まれ故郷の境港を訪れたのですが、こことは比べものにならない程の充実ぶりでした。空港名からして「米子鬼太郎空港」ですからねぇ。Pt↓)は店舗の廃棄物が映り込まないよう苦労しています。ブームが沈静化してしまえば単なる商店街に戻ってしまうのは仕方のない事ですが・・。
170621_03170621_04170621_05

日野・高幡不動尊

170620_06
京王線・高幡不動駅前のあまりの変貌ぶりに言葉もありません。いかにもの”門前駅”で素朴な参道だってのですが・・。高幡不動尊は通称で「真言宗宋智派別格本山・高幡山明王院金剛寺が号」となります。ご本尊は「大日如来」、創建は大宝年間とも奈良時代とも伝えられ、平安時代初期に関東を鎮守する霊場を開いたのが始まりのようです。例によって高幡不動・成田山新勝寺・不動ヶ岡不動・大山不動・高山不動からチョイスの「関東三大不動」とされています。前項の様に「新撰組・土方歳三」の菩提寺であり、奥殿(拝観¥300)では、重要文化財・木造不動明王像や何故か土方歳三の書簡を見ることができます。高幡不動尊は紫陽花(アジサイ)の名所として知られ、カメラ爺&婆で賑わっていました。Pt↑)が不動堂です。実際は線香の煙が立ち込めています。Pt↓)は奥殿、平安時代様式の五重塔は高さ45m。
170620_07170620_09170620_08

高幡不動尊・土方歳三

170620_01
新撰組副長・土方歳三、明治2年5月箱館五稜郭攻防戦にて死ス。享年35歳。土方さんの銅像が生家から近くの菩提寺でもある高幡不動尊(金剛寺)の境内にあります。平成7年地元のロータリークラブが建てたもので、167㎝と云われる本人の等身大なのでしょうか?隣の石碑は明治21年に建てられた近藤・土方の忠節を顕彰する「殉節両雄之碑/じゅんせつりょうゆうの碑」です。明治時代では「新撰組」は賊軍の代表みたいなもんで大変な苦労があったようです。1960年代に栗塚旭という俳優が演じた司馬遼太郎原作のTV作品「新撰組血風録」や「燃えよ剣」は、ある年齢層にとっては懐かしい作品で、新撰組関連史上最高の映像作品かもしれません。『近藤さん、俺は行くよっ』・・このセリフ、いまでも鮮明に覚えています(笑)。
高幡不動尊の「あじさいまつり」を見に行ったのですが、こっちが先になりました。
170620_02170620_03170620_04
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ